head_img
HOME > 製品紹介 > コアフィーダー ドライエンカプセレーション

コアフィーダー ドライエンカプセレーション

錠剤は、様々な目的のためにますます、事前に形成された核と共に使用されています。
これらの錠剤のための、堅牢な製造方法の開発は比較的複雑であり、その過程をシミュレーター上でシミュレートし、測定することができれば、大幅な時間の節約になります。
Huxley Bertram製のコアフィーダーは、コンパクションシミュレーターのフレキシブルプログラミングと組み合わされることで、すべての供給変量の開発を可能とし、核を錠剤の中心に確実に配置させます。
錠剤は、実際の生産速度で打錠され、実生産に至るまでの信頼できるスケールアップを可能にします。



操作

コアフィーダーは、自給式であり、通常のフィーダー撹拌機の電源への接続のみを必要とします。
コアフィーダーは、第2のフィーダーの替わりとなります。
第1のレイヤーは、核が配置される前に必要な密度に突き固めることができます。
次いで、最終充填は、第1のフィーダーから再び行うか、あるいは手動で行うことができます。
フィーダーを使用することにより、あるいは中間タンピング操作を行うことにより、核を第1のレイヤー内により深く配置し、最終充填による核の変位を回避することができます。

コアフィーダーデータ

コアサイズの範囲 順番に規定
同心性 微調整可能
繰返し精度 +/- 0.1 mm

出力

第1レイヤー及び最終レイヤーの圧縮データが記録されます。


有核錠の断面図



お問い合わせ

icon 電話番号045-929-0631 icon FAX045-929-0632
まずはお気軽にお問合せ下さい。
→お問い合わせ

ページトップに戻る