head_img
HOME > 製品紹介 > 排出圧測定杵

排出圧測定杵

錠剤の破損は、しばしば、下杵による臼からの錠剤の排出中に始まるので、臼の壁面摩擦は、信頼性のある製造品質を研究するための重要なパラメーターです。
排出圧測定杵(Ejection Punch)は、錠剤を製造する際の排出力の詳細な研究のために設計されました。
これは、Huxley Bertram製コンパクションシミュレーター、あるいは単純なHuxley Bertram製錠剤テストフィクスチャーで使用されます。

排出圧は、移動する下杵が錠剤に接触するときの非常に速い負荷増加と、錠剤と臼の壁面との間の結合が破壊されるときのしばしば非常に速い負荷減少とによって特性評価をすることができます。
小さな排出負荷は、移動する下杵アセンブリが上方に加速するときの慣性力によって隠され得ます。排出圧測定杵では、付着質量が小さいため、この問題を回避できます。

小さな圧電型ロードセルが杵先近辺に取り付けられ、慣性力からの影響を大幅に低減して排出圧を測定します。充電式デバイスとして、それはまた、信号上のノイズを最小にして、低圧力を測定することにもよく適しています。

排出圧測定杵を取り付けるために標準的な金型ホルダー使用することができ、お客様が供給する標準杵B型は圧電型ロードセルと共に使用するために変更することができます。

排出力測定パンチ性能データ

杵の型 B 型
圧縮力 50 kN
キャリブレーション範囲 標準 0 - 5 kN
直線性 +/ 0.5 % FS

出力

一般的な排出圧トレースを以下に示します。
主要なロードセルと排出圧測定杵のロードセルとの間の差は明らかです。キャリブレーションされたゲインはわずかに異なり、2つの曲線が示されています。排出圧が0.29kN未満である場合、慣性力は、ピーク排出圧として検出されてもよく、また、振動負荷は、主要なロードセルから読み取られた、より高いピーク負荷を与えます。

アンプリファイヤ

排出圧測定杵は、計装された臼と共に使用されるために、供給される標準的な圧電アンプリファイヤを使用することができます。
分路コンデンサは、ロードセル出力を臼の圧力センサーとより密接に一致させるために供給され、出力は、データ収集システムの正確にラベル付けされ、キャリブレーションされたチャネルに接続することができます。



キャリブレーション

キャリブレーションは、負荷の読み取り値を静止状態にある主要なロードセルと単に比較しゲインを調整することにより、あるいは、日常的なキャリブレーション視察中にキャリブレーション認定されたロードセルと比較することにより、実行することができます。直線性トレースを以下に示します。





お問い合わせ

icon 電話番号045-929-0631 icon FAX045-929-0632
まずはお気軽にお問合せ下さい。
→お問い合わせ

ページトップに戻る