head_img
HOME > 製品紹介 > 無摩擦臼

無摩擦臼

臼内で錠剤を圧縮すると、臼の壁面に非常に大きな半径方向の圧力が生じます。
杵の負荷が解放されると、錠剤にかかる残留半径方向の臼の壁面への圧力は、特に下杵が錠剤を押し出すときに、しばしば錠剤を破損させるか圧力亀裂を発生させます。
臼の頂部において、錠剤は、錠剤の頭部が最初に臼を出るときに、強い剪断応力を受けます。
純粋なAPIと、錠剤を従来通りに製造しないあらゆる材料の圧縮特性を研究するために、油圧式「分割臼」が開発されました。これにより、半径方向の臼の圧力を排出前に解放することができます。 この場合、排出は「無摩擦」です。

無摩擦臼は、通常の臼ホルダーと同じ空間に嵌合し、通常の方法で取り付けられる。それは、機械の基部で単一の油圧式コネクターに接続します。標準的な杵が使用されます。 ソフトウェアは、試験の開始時および終了時に臼が加圧され、解放されるときを制御します。

無摩擦臼性能データ

臼の種類 丸型 D 型
臼の壁面圧力 300 MPa 10 mm Dia. 錠剤、 厚さ4.5 mm
操作圧力 280 Bar
圧力制御 自動 On/Off

出力

以下の結果は、増加する圧縮負荷を伴った一連の試験についてのKN(黄色で強調)での排出圧を示します。
1つの結果がプロットされています(青色で強調)。



洗浄

臼のセグメントは、3つのネジによって止められている上部カバープレートを取り外すことによって、清掃のために容易に取り外すことができます。



お問い合わせ

icon 電話番号045-929-0631 icon FAX045-929-0632
まずはお気軽にお問合せ下さい。
→お問い合わせ

ページトップに戻る