head_img
HOME > 製品紹介 > 手動スプリット臼ホルダー

手動スプリット臼ホルダー

錠剤製剤の構成成分の多くは、従来の錠剤を製造する臼内の純粋な枠に、固体を形成しない可能性があります。固体は、臼を出るときの摩擦または剪断のいずれかに起因して、排出中に生成される圧力のために、破損し得ます。多くの配合剤の解決策は、圧縮後ですが排出前に臼の側面圧力を解放することです。

手動スプリット臼ホルダーは、圧縮後に臼の側面圧力を解放し、さらなるテストのために固体を製造する経済的な方法です。それは、通常の臼ホルダーと同じ空間に適合し、通常の杵が使用されます。

お客様がお持ちの臼をセグメントに切断して、完全な臼を形成することができます。
(一般的には、1つのスプリット臼を作るには2つの通常の臼が必要です。)

手動スプリット臼は、Huxley Bertram製コンパクションシミュレーター、あるいは単純な Huxley Bertram製錠剤テストフィクスチャーにおいて(図示されるように)使用され得ます。



手動スプリットダイホルダーデータ

臼の型 B、 D、 F 型
最大負荷 50 kN




お問い合わせ

icon 電話番号045-929-0631 icon FAX045-929-0632
まずはお気軽にお問合せ下さい。
→お問い合わせ

ページトップに戻る