head_img
HOME > 製品紹介 > 圧力計装臼

圧力計装臼



臼の側面圧力は錠剤化のプロセスにおいて基本的に重要であり、正確な臼の側面圧力測定は圧縮作用を理解するために不可欠です。
軸方向から半径方向への圧力の伝達は、粉末内の摩擦の測定値を与え、その測定値を使用して、必要とされる潤滑剤の最小レベルを規定することができます。
残留する臼の側面圧力および半径方向圧力の緩和速度は、経験されるであろう排出圧力を示すことができます。
また、半径方向の圧力データは、材料特性を製剤の数学的モデルに入力するのにも有用です。
重要なことに、Huxley Bertram製計装臼は、実際の製造条件下での測定を可能にするために、温度制御された杵および温度制御された臼ホルダーと共に使用することができます。
お客様が所有する「D」型の臼は、圧力センサーを追加するようにカスタマイズすることができます。

圧力計装臼性能データ

圧力 最大 350 MPa
センサー 直径 2 mm 〜 3 mm で最大 3 個までのセンサー
温度 最大 80 ℃


出力

下記のプロットは、異なる高さでの錠剤の周りの3点での臼の側面圧力と、シングルエンド圧縮中の上杵および下杵の負荷を示したものです。
排出は1.5秒で始まります。残留半径方向の圧力が明確に示されています。
ピーク臼の側面圧力およびピーク残留臼の側面圧力の値もまた、表形式で提示されます。





お問い合わせ

icon 電話番号045-929-0631 icon FAX045-929-0632
まずはお気軽にお問合せ下さい。
→お問い合わせ

ページトップに戻る